土壌改良作業

今年で二年目を迎えていますクラピアの紹介です。過去のブログを見ても我が家の成長は遅い様です。やっぱ何事も下地は大事と実感。。。今から出来る範囲で土壌改良を試みてみました。

  • 緑と暮らす
  • 2013.08.04
  • Ken

スポンサーリンク

2013年7月24日の記事です。

庭の土壌改良

いくら強靭なクラピアでも適さない場所、土壌はある様です。

昨年も今年も一向にクラピアが育たない場所があります。

南向きの日当りは最高で日が丸一日ある場所なんですが、

どうも移植してもクラピアが一向に成長しないんです。

やはり土壌に問題がある様です。

20130724

土は山土で他の場所と同じ土なんですが。

日当りが良すぎる為か特にカチンコチンの地面です。

写真では見にくいですが日当り良いにも関わらずコケが生えています。

水はけが悪く土に栄養分が無いという事なんでしょうか。

以前にも紹介した土壌改良材『EB-aエコ』なる物の散布も効果は見られ無かったので、

今回は耕して環境を整えたいと思います。

スポンサーリンク

開墾作業

植物が育つ環境は単純に森の中の様なフカフカな土。

庭作りをはじめた初期の頃に手間でもやっておけば良かったと本当に後悔。。。

後悔ばかりしていても仕方無いので今出来る事からはじめてみました。

2013072402

大きく育ってくれた場所はせっかくなんで維持しつつ

育たない場所をピンポイントで開墾します。

これぞTHE骨が折れる作業!!

時間にしたら1〜2時間なもんなんでしょうが

すでに体中がバキバキですw

石ころだらけで全く先に進みませんでした。

全身汗だくで何とか今回の目標範囲を耕しました。

土壌改良に堆肥を

今回は野菜などの植物から作られた堆肥を混ぜ込んで

土壌の改良を行ってみました。

掘って撒いて混ぜる。。。

単純作業だけど本当に大変な作業でした。

2013072403

頑張った甲斐もあり顔つきが良くなったでしょ!?

開墾の時にちぎれてしまったクラピアをちりばめて今回は終了です。

ここ木曽地方では、

昨年の記録を見ても10月くらいまでは成長してくれそうなので、

緑の絨毯に近づくんではなかろうかと期待です!!

造成されたばかりの庭では土の状態はあまりよろしく無い事が多いので、

手間ですが下地をしっかりやった方が成長に歴然な差が出て、

結果手間に関しても差が出ると思いますよ。

また引き続きクラピアの移植作業も頑張りま〜す!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラピアのページ

クラピアのブログ記事

このサイトで紹介している植物の索引

観葉植物の索引

草花の索引

家庭菜園の索引

コメントする