クレマチス/ミーネベルの庭植え(アーチ)

ミーネベルをアーチの足元へ植えました。同種のボタニッシュアートとコンビで植えたのでどんな雰囲気になるのか楽しみです。一般的には大柄な花との組み合わせで引き立ち合うんでしょうが、挑戦してみました。

  • 緑と暮らす
  • 2014.03.26
  • Ken

スポンサーリンク

ミーネベルをアーチに絡ませたい!!

某有名クレマチスナーセリーさんより通販で購入し

2ヶ月程軒下で待機していましたミーネベルがいよいよお庭デビューです。

2014032661.JPG

植える直前に新芽が上がってきました。

本来は深植えが良い様ですが

新芽を土の中に埋める勇気がなかったんです。

朝晩はまだ氷点下な3月下旬ですが日中はだいぶ春らしくなってきました。

スポンサーリンク

植え付けの肥料や注意点

専門ナーセリーで推奨し販売している肥料や土を使えば単純に良いと思いますが

我が家では少々スパルタ式の植え込みです。

以前宿根草で花壇の土を使って植えていた物を掘り出した際、

結局根は庭の土へ到達しねを張っていました。

逆に庭土のみで植えた宿根草の出だしは遅いが丈夫に育っている印象が強かったんです。

言わば大器晩成ってとこでしょうかw

でも栄養は沢山必要なので堆肥を中心に緩効性固形肥料のマグアンプK大粒タイプにプロトリーフ社製の匠という肥料を使いました。

僕の実家に植えてあるクレマチス(名前は不明)は畑の隅っこで剪定もされず元気に育っています。

本来クレマチスも自然界で生きていることを考えれば当然の事なんでしょうが。

庭では見た目良くしたり花時期を調整したりとそんなとこなんでしょうね。

実際初心者向きと言われる植物をいとも簡単に枯らした事もあるし

中級者向きなんて言われている植物が手間いらずで大きくなったりと

人と場所という環境で大きく左右されるんだと思います。

ガーデニングにハマって3年がたち最近そんな気がしています。

寒冷地という環境で我が家の植物達はどう生きて行くのか見守って行きたいそんな風に思う訳であります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトで紹介している植物の索引

観葉植物の索引

草花の索引

家庭菜園の索引

コメントする