アジュガ・チョコレートチップの成長4月

寒さにかなり強く信州木曽地方の寒冷地で放任で越冬したアジュガ/チョコレートチップ。初めての春で多くの花を咲かせてくれました。

  • 緑と暮らす
  • 2014.04.28
  • Ken

スポンサーリンク

アジュガ/チョコレートチップの春

庭に出て草むしりなんかしていると少々汗ばむ季節になってきました。

中にはきれいな花を咲かせる雑草もいるんだけど、

一度雑草と認識しちゃうとどうしても目について仕方がないです。

雑草対策には好きな草花を植えるが一番効果的なんじゃないか?

なんて都合の良い事考えながら今日もお庭をフラフラしていました。

2014042801.JPG

それはさておき

鮮やかな花色で何度も見入ってしまうアジュガ/チョコレートチップ。

脇からランナーがたくさん出てテリトリーを広げようと動きが強まり出しました。

日向と半日陰での成長の様子も踏まえ紹介です。

スポンサーリンク

ランナーが勢い良く動き始めました

アジュガはたくさんの種類があるみたいですね。

そんな中我が家ではチョコレートチップとレプタンスを庭植えで楽しんでいます。

チョコチップとレプタンスは耐寒性が強いとの事で選んだんだけど

評判通りかなり耐寒性は強く一部葉っぱは痛んだものの難なく越冬できました。

4月の初旬からツボミが上がり始め、

4月中旬から開花が始まりました。

4月下旬現在は満開をむかえており、

同時に株脇から多くのランナーが伸びております。

2014042802.JPG

地面についたランナーの節々から根を張り増えて行くんだと思います。

我が家の庭はとにかく隙間だらけでまだまだ寂しい景色なので

勢い良く増える植物は大歓迎なんです。。。今は。

一応増える事を念頭においた配置で庭植えしたんだけど、

予定どおりにいった試しは無いのでw

どんな事になるのか。。。まぁ、楽しみにしたいと思います。

日向のチョコチップと半日陰のチョコチップ

我が家では花壇と庭へ植え付けを行いました。

一緒に買った株なので成長に差があるのは植え付け場所と土質なんだと思います。

2014042803.JPG

写真手前のホスタの真ん中のチョコチップは丸っと日向で

真夏にはホスタが少々夏バテしてしまう場所です。

それでも毎年株を大きくしてくれているので

チョコチップにも期待して植えた場所です。

2014042804.JPG

ここのチョコチップはモミの木とブラックベリーを枕木に絡ませた障害物に挟まれて

半日陰というか日照は少ない場所です。

ここでクリスマスローズを植えたんですが

いつまでも大きくならないので移植し枯らしましたw

でもチョコチップは元気に育ってくれています。よかったよかった。

写真では分かりにくいんですが

ほんの少し半日陰のチョコチップの方が背が大きいんです。

徒長とまではいかないにしろ徒長気味って感じでしょうか。

現在はどちらも元気良く開花時期もほんの数日日向が早かった。

一方

2014042805.JPG

堆肥が多過ぎで失敗した花壇ではやはりこんな寂しい状況です。

花壇作りの際に大量の堆肥を手に入れたので土をケチって堆肥を多くしたんですが、

水はけが良すぎて保水力が無いんだと思います。

要するに乾燥地帯なんですがチョコチップもやはりある程度湿り気のある場所が好みなんだと思います。

2014042806.JPG

この場所にも堆肥を混ぜて作った土なんですがあまり大きくないです。

ランナーは元気よく出ていますので問題はないかと思うんだけど、

堆肥との相性はあまり良くないと実感しております。

本日花壇に牛糞を混ぜ込み保水性向上と土壌改善を計ってみました。

写真には撮っていないんですが植えた事すら忘れていた超乾燥地帯のチョコチップは

行き絶え絶えで冬のままの状態だったので急いで植え替えを行いました。

日当りの良し悪しよりチョコチップにとっては

土壌が大きく影響すると勉強になりました。

日当りは夏にどうなるか??といったとこです。

僕的にはかなり好きな雰囲気の植物で

頑張って増やしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトで紹介している植物の索引

観葉植物の索引

草花の索引

家庭菜園の索引

コメントする