ルピナス(宿根草)の育て方

ルピナス(宿根草)の育て方の紹介です。信州木曽地方の寒冷地(氷点下15℃〜35℃)でどの様に成長するのかもレポートしていきます。

  • 緑と暮らす
  • 2014.05.18
  • Ken

スポンサーリンク

ルピナス

2014051821.JPG

学名:ルピナス

別名:ノボリフジ

科名:マメ科

耐寒性宿根草(一年草)

宿根草?一年草?いろいろ調べれば調べる程いろな情報があり迷子になります。。。

夏の熱さにはかなり弱いとの事で、寒冷地向けの植物。

一年草と割切れば日本全国で生育可能。

しかし寒さには強いという情報もあるが耐寒温度が氷点下5℃前後(氷点下5℃前後は寒冷地ではないような)

日光の良く当たる場所に植えて真夏は直射日光は避け、

風通しの良い場所で育てる(マメ科の植物は直根性にて移植は困難なのに???)

ならば鉢植えでと調べると根が深く庭植えに向くとの事。。。

我が家では園芸店にて宿根タイプを購入し庭植えにて挑戦。

植え付け場所は南向きの日当り良い場所へ植え付けました。

夏に元気な植物(エキノプス等)の影になる様に植え付けしてみました。

調べて迷子になった方も多いのではないかと思いますが、

今後の成長を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトで紹介している植物の索引

観葉植物の索引

草花の索引

家庭菜園の索引

コメントする