ルピナス成長期 2014年5月

ルピナスは一年草から宿根草のタイプ、花色、種類が大変多く育てる気候によっても大きく異なる様です。信州木曽地方の寒冷地でのルピナスの成長記録を紹介していきます。

  • 緑と暮らす
  • 2014.05.19
  • Ken

スポンサーリンク

ルピナス/リリアンとラッセル庭植え 5月の花姿

今年2014年3月に庭植えしました。

2015051900.JPG

地植え直後3月のルピナス/リリアン

この他にルピナス/ラッセルも今年3月に庭植えしました。

余計な事をして、

すでに消えてしまった株もあるんですが。。。

スポンサーリンク

余計な事して消えた株も。。。

はい、そんな失敗もありました。

2015051902.JPG

写真右側のピンクのリリアンが消えちゃいました。

ルピナスはマメ科の植物で根が直根性の植物とのです。

植えてから思いのほか窮屈になって来たのでほんの少し移動したんです。

かなり気を使いそ〜っと移植したんですが

みるみる弱りあっという間に消えてしまったんです。

一度定植したら動かさない方が良いというのは本当の様ですね。

ルピナス/リリアン

2015051901.JPG

最初に我が家に来ましたリリアンです。

思いのほか背丈は低く少々花壇中央で埋もれてしまいそうです。

でも余計な事しない様にグッとこらえておりますw

寒さに強く早春に花が咲くとの事です。

購入した際はハウス出身らしくすでに開花していました。

庭植えした3月上旬は朝晩冷え込みがまだ強く氷点下の環境ですが根付いてくれました。

無理矢理咲いた花は早い段階で一度終わりましたが花茎根元から脇芽がいました。

終わった花は茎根元から切りその後むくむくとツボミが上がり2番花が咲きました。

ある程度の寒さに当たり花が咲く様です。

5月中旬現在も花芽が上がっており結構長い時期楽しめると思います。

ルピナス/ラッセル

2015051903.JPG

園芸店で2月に購入し3月に庭植えしたラッセル

写真でも分かる通り先に紹介したリリアンよりかなり背丈があります。

購入当初は9センチポットでか弱そうな株だったんですが

霜が終わったころからメキメキ大きくなりました。

2015051904.JPG

ようやく花芽が上がって来た株もあります。

リリアンと比べると全てが大きく葉もかなり大きく存在感があります。

花壇中央で主役になれる風格がありますね。

花色もたくさんあって僕はピンク、赤、紫と購入したんですが

ピンクしかまだ咲いていません。

ルピナスは適地では宿根するとの事ですが

先ずは夏を越えられると良いのですが。

今後の様子もまたアップしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルピナスのブログ記事

このサイトで紹介している植物の索引

観葉植物の索引

草花の索引

家庭菜園の索引

コメントする