ベロニカ ロイヤルキャンドルの育て方

2014年6月に我が家の庭へ仲間入りしましたベロニカ ロイヤルキャンドル。ここ寒冷地での育て方を初めその後の成長を紹介していきます。

  • 緑と暮らす
  • 2014.06.07
  • Ken

スポンサーリンク

ベロニカ ロイヤルキャンドル

2014060621.jpg

ベロニカ ロイヤルキャンドル ※写真はお借りしたものです(咲き次第差し替えます)

今年6月に我が家の庭へ2株やってきましたベロニカ ロイヤルキャンドル

日頃から耐寒性宿根草という言葉に強く反応してしまうんです。

ここ信州の木曽地方は山々に囲まれた山間部です。

360度見渡す限り山、山、そして山です。

天候も山の天気と言って良い程ころころ変ります。

信州はそもそも涼しい避暑地というイメージなんですが、

ここ木曽地方は特に冬が厳しい地方です。

氷点下15度以下もざらなんですよ〜

そんな寒冷地で果たしてどんな成長を見せてくれるのか、

果たして生き残る事が出来るのかも踏まえ紹介していきます。

まずはこんな植物という紹介です。

スポンサーリンク

ベロニカ ロイヤルキャンドルの育て方

科名:ゴマノハグサ科

属名:ベロニカ属

耐寒性宿根草:耐寒温度 約 −25℃

原産地:ヨーロッパ中部、北アジア

花期:5月〜9月

草丈:30〜40cm

適地:日当り良く風通しの良い場所。夏は直射日光を避け半日陰が理想。

土壌:市販の花用培養土に堆肥と腐葉土を混ぜ込んだ土

増やし方:株の充実で春と秋に株分け可能。

耐寒性がかなり強い反面、夏の猛暑は少々苦手との事。

イングリッシュガーデンではかなり定番な植物で草丈も小柄な為花壇の前面向き。

一株でも大きく充実するとこんもりとボリュームが出て見応えがある。

開花期が長く花壇や庭植えで活躍しそうですね。

ナチュラルテイストな庭作りに良さそうな雰囲気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベロニカ ロイヤルキャンドルのブログ記事

このサイトで紹介している植物の索引

観葉植物の索引

草花の索引

家庭菜園の索引

コメントする