ベロニカ ロイヤルキャンドルの庭植え

信州木曽地方の寒冷地で宿根草を中心に庭植えを楽しんでいます。ベロニカ ロイヤルキャンドルの成長を紹介していきたいと思います。

  • 緑と暮らす
  • 2014.06.07
  • Ken

スポンサーリンク

ベロニカ ロイヤルキャンドルを植えました。

201406031.JPG

我が家の庭土は山土で埋め立てた為、栄養はあまりありません。

それでも庭に植物を植える際、

土を触ってて思うんですが年々土質が良くなってきている印象です。

こうして新しい植物を庭へ植え付ける度に栄養価の高い土を使うからなんでしょうか?

穴掘ってるとミミズさんと出会う事が増えて、

何だか嬉しいです。

スポンサーリンク

2014060632.JPG

葉っぱは結構堅くパリッとしています。

庭土をせっせと掘りそこへ花壇の土を入れました。

いつも使う緩効性肥料のマグアンプKは切らしておりまして、

プロトリーフの匠と言う肥料のみを使いました。

鶏糞肥料がホームセンターで大特価だったので(25リッターで100円!!)買い置きしていたんですが

なんとな〜く控えめで植え付けました。

一日中日当りの良い場所で植え付けましたが、

真夏は半日陰が良いとの事です。

そんなワガママな場所はそうそうありません!!という事で

ここで頑張ってもらいたいと思います。

そろそろ季節的にも地植えは最後と考えています。

梅雨明けに地植えして、まともに生き残った植物ってないんですよね。

赤ちゃんは人も植物もデリケートなんですね。

大きくなると人も植物も。。。人それぞれですよね(笑)

ベロニカ ロイヤルキャンドル

こんな感じスゴイ好きなんですが、

好みはどういったところから生まれてくるんでしょうかね?

数年前に花の好みなんて無かったのに、

不思議だな〜。

今後成長の過程を紹介していきます!

また見に来て下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベロニカ ロイヤルキャンドルのブログ記事

このサイトで紹介している植物の索引

観葉植物の索引

草花の索引

家庭菜園の索引

コメントする