観葉植物の植え替え

買ってきたばかりの観葉植物は小さな植木鉢に植わっていることがあります。また観葉植物が順調に育ってくると植木鉢が小さくなってきます。そうなったら植え替え時期です。

  • 緑と暮らす
  • 2013.08.02
  • takumi.t

スポンサーリンク

植え替えって?

2002 013

10号の植木鉢へ植え替えをしたときのものです。

2002 016

10号から14号の植木鉢へ植え替えをしたときのものです。

お店で買ったばかりの観葉植物で、ポリポットや小さな植木鉢に植わっているものは植え替えが必要になります。

または、順調に育ってきて植木鉢が小さくなってきたら植え替え時期です。

 

何となく元気がないとか、成長しなくなったとか、水をあげたときに水はけが悪くなったとか。

そんなときは根詰まりとか起こしている場合もあります。

根詰まりの場合でも植え替えが必要です。

 

普通、元の鉢より一回り大き目の鉢へ植え替えます。

 

植え替えは、植物をもともと植わっていた鉢から抜き取ります。

このとき、抜き取りにくい場合は、鉢の縁を軽くたたくと抜けやすくなります。

無理に植物を引っ張らないように注意します。

 

根が絡まっている場合はほぐします。

古い根、傷んだ根を1/3ほど切り取ります

根を切った分、枝や葉も整理し、バランスを整えます。

そんなに神経質になる必要もないですよね。

上の写真のバナナなんて枝や葉の整理出来ないし。

 

そして一回り大きな鉢へ植えつけます。

このとき、元肥を用土に混ぜて植えつけますが、緩効性の固形肥料などの場合、根に肥料が触れないように注意します。

肥料で焼けちゃうんだそうです。

 

鉢の縁から2~3cmほどウォータースペース(水やりしたときに鉢から水や鉢土がこぼれないように空けるスペース)を取ります。

 

最後に水をたっぷりと与えます。

植え替えたばかりの株はかなりのダメージを受けているので、2~3週間は半日陰に置き、水を切らさないように注意します。

葉水も頻繁に与えるといいようです。

 

液体肥料などは、根が伸びはじめ、植え替えた植物が生長をはじめてから与えます。

 

培養土にもいろいろな種類があります。

それぞれの観葉植物専用の培養土がありますが、そんなに神経質になる必要もないと思います。

ただ、乾燥した水はけの良い土が好きなのか、保湿性の高い土が好きなのかは注意したほうがいいかも知れませんね。

 

上の写真のようにだんだん植木鉢がデカくなっていきます。

置く場所に困ることがあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

のブログ記事

観葉植物を生き生きと

予備知識

オススメ!

お部屋のインテリアに最適な観葉植物

観葉植物の索引

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://green.two-clips.com/mt523/mt-tb.cgi/60

コメントする