主に熱帯で育っている観葉植物。寒さに弱いものが多いんです。

観葉植物は寒さに良いものが多いんです。でも、僕の住んでいるところは冬になると雪も降るし、寒くなります。そんな環境でどうやって冬を越すのかが問題です。

  • 緑と暮らす
  • 2013.08.02
  • takumi.t

スポンサーリンク

冬になると雪がたくさん降ります。

IMG 0043

冬になると雪が降るところに住んでいます。

寒さに弱い観葉植物。どうやって冬を乗り切ろうか?

これが僕にとって最大の問題です。

観葉植物って熱帯・亜熱帯原産のものは冬の寒さが苦手です。

このあたりでも雪が降り、寒くなります。

 

霜に弱いので、絶対に霜に当てないように注意します。

直接霜に当てなければ、ゴムの木などの観葉植物も-5℃くらいなら大丈夫との事です。

-5℃以下になると株が枯れてしまうことが多くなるそうです。

(本当に-5℃くらいで大丈夫なのかな??不安です・・・。)

 

暖房の効いていない部屋へ置く場合は、水やりを控え、半休眠状態にして冬越しさせるのだそうです。

ところが、そうは言っても水をあげないのもかわいそうな気がして。

水をあげちゃうんですよ。

そうすると葉っぱの色がおかしくなったりして枯れてしまいます。

 

暖房の効いている部屋でも、夜は暖房を切ってしまい寒くなります。

特に窓際は温度が下がります。

可能であれば部屋の中央へ移動するのが良いようです。

でも、暖房機器の温風が直接当たる場所は避けます。

大きな部屋が必要になってしまいますね・・・。

それは無茶な話。。

う~ん。どうしたものか・・・。

 

小さな温室の購入も考えましたが、結構高いです。

ビニールのカバーの付いた棚もありますよね。

これなら安いのですが、場所をとります。

すべての観葉植物も入りきらないし・・・。

結局、水やりに注意して越冬させることにしました。

スポンサーリンク

のブログ記事

観葉植物を生き生きと

予備知識

オススメ!

お部屋のインテリアに最適な観葉植物

観葉植物の索引

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://green.two-clips.com/mt523/mt-tb.cgi/61

コメントする