クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木の育て方

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木。寒くなってくると淡いピンク色の星のような花を咲かせます。ここに載せた写真はまだまだ小さい株の写真ですが、順調に育つと大きくなりますよ〜!

  • 緑と暮らす
  • 2013.08.02
  • takumi.t

スポンサーリンク

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木

Crassula

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木の育て方を紹介します。

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木:Crassula ベンケイソウ科

クラッスラ・ポルツラケアと言うより、金のなる木と言った方がわかりやすいかも知れません。クラッスラ・ポルツラケアは園芸名をカゲツと言います。枝分かれが多い、低木状の多肉植物。葉はつやのある緑色で先端が濃い紅色になります。きれいな葉っぱです。

この金のなる木はきれいな花が咲きます。白っぽいピンクの星のような花です。金のなる木は花も葉っぱも楽しめる観葉植物です。

育て方はクラッスラすべて共通です。

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木の育て方

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木の置き場所は?

株を充実させるためには出来るだけ日の当たる場所へ置きます。寒さにも強いですが、霜には弱いので、霜に当てないように注意。

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木の水やりは?

葉や、茎に水分を蓄えるため乾燥に強く、逆に水を与えすぎると根が十分に張りません。初秋から春前までは特に乾燥気味に管理します。真夏も根腐れさせないように、水を与えすぎないように注意。

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木への肥料は?

肥料も多くは必要なく、4~6月に1、2回、緩効性の化学肥料を与えます。

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木をふやすには?

簡単に増やすことができます。葉っぱ1枚から根っこが出てきます。低木らしく背は大きくなりませんが、幹は太くなります。横幅も大きくなります。

クラッスラ・ポルツラケア(カゲツ):金のなる木の越冬温度は?

3~5℃

環境に馴染んでくるともう少し低温でも越冬できそうです。ただ、絶対に霜には当てないように注意が必要です!

スポンサーリンク

観葉植物を生き生きと

予備知識

オススメ!

お部屋のインテリアに最適な観葉植物

観葉植物の索引

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://green.two-clips.com/mt523/mt-tb.cgi/66

コメントする